発酵乳

動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌の違い

腸内環境の改善に効果がある乳酸菌だが、これには植物性のものと動物性のものが存在する。
この2つの違いはhttp://www.sagami-magic.jp/syokubutusei.htmlでも詳しく解説されています。
そもそも乳酸菌とは、糖を発酵し、乳酸などの有機酸(動植物が作る酸)を』生成する菌の事をさす。
一般にこれが多く含まれている食品として知られているのはhttp://realworldminecraft.com/hextukousyokuhinn.htmlにも載っているヨーグルトやチーズだが、これらは牛などの乳に含まれる動物性乳糖だけを栄養源とするのものである。

その点植物性のものは、様々な植物が持つ多様な糖(ブドウ糖や麦芽糖など)を栄養源にしているので、様々な食品の中に存在している。
植物性の発酵食品に含まれている植物性のものだが、実は動物性のものに比べて多くの食品内に存在している。
これは植物性のものが、動物性のものよりも過酷な環境内で生き抜くことができるからである。

動物性のものは他の細菌との共存ができず単独で生きているのに対し、植物性のものは栄養バランスが悪く刺激の強い環境でも生き抜く事ができる
主に植物性のものが含まれる食品は、日本だけでなく世界中の地域で見られ、漬物や発酵食品に多い。
例えば日本では、糠漬けやしば漬け、味噌や醤油、甘酒などに含まれる。

また韓国のきむちや中国のザーサイ、インドネシアのテンペ、おいつのサワークラウト、ヨーロッパのサワーブレッドなどさまざまである。
逆に動物性のものは、植物性とは異なり他の細菌と共存せずに単独で生きている。
その為、乳酸菌としての体力が非常に低く、そのほとんどは腸内に到達できずに分解されてしまう。
これが生きたまま届かないhttp://www.skybluenetwork.jp/nyu.htmlといわれている理由となっています。
しかし、だからといって植物性乳酸菌http://ryouhokudengyousha.jp/suusenn.htmlだけを摂取すればいいという訳ではない。

この動物性乳酸菌は植物性乳酸菌をより活発化させるための餌の役割を担っている。
さらに、動物性乳酸菌は単独で生存してきた乳酸菌なので、分解されたままでも直接腸内を刺激する事ができ、免疫機能を活発に促す効果もあるのだ。
植物性乳酸菌、動物性乳酸菌このどちらかのみを摂取していれば良いという訳ではなく、2つをバランスよく摂取する事が大切だ。
そうする事で生活習慣の乱れやストレスなどで荒れてしまった腸内環境を改善していくのだ。

2つの種類をバランスよく摂っていくことでhttp://www.shikake-ehon.jp/kin_009.htmlに載っている乳酸菌の効果を得ることができます。

Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.