発酵乳

乳酸菌と発酵乳の関係

発酵乳とは主にヨーグルトや飲むヨーグルト、カルピス等のことを指し、牛乳などの乳に乳酸菌や酵母を加え発酵させたもののことをいう。
牛乳の豊富な栄養に加え、乳酸菌に働きによる生理的効果も期待できるものである。
この乳酸菌とは私たち人類にとって有益な微生物の一つを指す。


ある一種類のものだけのことではなく、生育に必要なエネルギーを得るためにブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作り出す微生物のことを総称して呼ぶ。
乳酸菌で発酵した発酵乳は、乳酸発酵によって作られた有益な成分が体の生理機能に様々な働きをするため、体調を整えるのに優れている。
その働きにより生じる有益な成分をバイオジェニックスという。

これは近年提唱された言葉である。
これまでに知られていたプロバイオティクス、プレバイオティクスは腸内フローラのバランスを整えるものだが、バイオジェニックスとはこれまでの腸内フローラ改善だけに留まらない、生体機能活性をもたらす特性がある
ことがわかってきている。

このように発酵乳、乳酸菌を摂取することは体内環境を整えるためにも必要であり、様々な働きをもたらすのである。
主な働きとして、腸内を酸性に保ち腐敗菌や病原菌の働きを抑制する抗菌作用、発がん物質の腸内での合成を妨げる抗がん作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用などが挙げられる。
ヒトが健康でいるためにはまず腸内環境を健康に保つことが大切なのだ。

また、発酵乳にすることによって栄養成分の吸収をしやすくする効果もあり、発酵中に乳に含まれるたんぱく質を分解し、発酵によって作り出された乳酸がカルシウムと結合することによってたんぱく質・カルシウムを消化・吸収しやすくするのである。
従来から言われていたこれらの有効性に加え、近年は乳酸菌の免疫への関与、特にアレルギーに関する作用が研究されるようになっている。
花粉症や通年制アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎への有意な改善が確認されているのだ。
乳酸菌は普段の食事からも取り入れやすいしサプリメントも多く売られています。 こちらには乳酸菌の効果的な摂り方と摂取時の注意点が載っています。
便秘解消をはじめ、アレルギーやウィルス感染対策にも役立つ乳酸菌なので、一人でも多くの方に摂取していただきたいです。

Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.