発酵乳

乳酸菌で風邪にも負けない!

腸内環境改善だけでなく、免疫力向上にも効果のある乳酸菌
乳酸菌を多く含む食べ物を意図的に摂取する事で、風邪やインフルエンザなどのウィルス感染にも有効的だ。
また、花粉症やアレルギーにも効果的だとhttp://www.eastinns.com/kahunnsyou.htmlにかいてあります。

風邪やインフルエンザの予防法としては、基本は感染者からウィルスをもらわないようにすること。

しかし、学校や職場、通勤などの電車内など、人が多く集まる場所にはほぼ100%なんらかのウィルスに感染した人間がいる。
ではウィルスが体内に侵入してくるのを防げればいいのだ。
その為にはまず外出時のマスク、そして帰宅後の手洗い、うがいが重要となる。

しかし、ただマスク、手洗いうがいを気を付けるだけでなく、正しいやり方で行なわなければウィルスへの効果は半減してしまう。
近年マスクと言えば、使い捨て方が主流となってきている。
鼻、頬部分に隙間がないように、しっかり覆うようにかけるのが正しい装着方だ。

それを知らずに使用し、隙間からウィルスが入り込みやすくなってしまっている人も多くいるのではないだろうか。
手洗いうがいについてもそうだ。
手についたウィルスは軽く洗った程度では落ちないので、石鹸を使って手首まで丁寧に洗うようにする。

うがいは天井を向いて喉の奥まで洗浄する事を意識する。
手早く済ませるだけではウィルスに対しての効果はほぼないのだ。
そうしてウィルスに対して対策をしていても、風邪にかかりやすい人はいる。

それぞれの抵抗力の問題だ。
乱れた生活習慣・食生活、疲労、寝不足などにより免疫細胞の働きが弱くなってしまうと、風邪にもかかりやすくなる。
免疫細胞がきちんと働くためには、その材料となるたんぱく質、活動を助けてくれるビタミン類を過不足なく摂取する事が重要となる。

また、日ごろから腸内環境を整えておくのもウィルス対策に有効だ。
腸には免疫細胞が多く集まっているからだ。
ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌、漬物や味噌・納豆などに含まれる植物性乳酸菌、これらもバランスよく摂取していくといいだろう。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は商品によって異なりますが、L21など商品名として使われている乳酸菌も多いです。

Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.