発酵乳

乳酸菌の健康効果ってなに?

ヒトにとって有益な微生物の一つが乳酸菌だ。
乳酸菌とはある一種類の微生物のみのことではなく、生育に必要なエネルギーを得るために、ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作り出す微生物のことを総称して指す。
乳酸菌の中にはヒトの常在菌として存在するものもあるが、これらは善玉菌と呼ばれ、細菌から体を守るバリヤーとして機能することがほとんどである。

乳酸菌といえば主に腸内細菌として体内にあり、これらを増やし腸内を酸性に保つことで健康を保つことができると考えられている。
その働きとしては、下痢・便秘を予防する整腸作用、発がん物質の腸内での合成を妨げる抗がん作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫賦活作用、他にも血中コレステロール低減作用、高血圧抑制作用などさまざまなものが挙げられる。
ヒトの腸内には400種を越える腸内細菌がバランスよく住みついている。

特に小腸の終わりから大腸にかけては花畑にたとえて「腸内フローラ」と呼ばれている。
この腸内フローラとはまさに、腸内の花畑のように腸内細菌がびっしりと敷き詰められている状態なのだ。
この腸内細菌は病原菌などの有害な菌が簡単に体内に入らないためにも必要不可欠の存在だ。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に大きく分類される腸内細菌だが、この3種類がバランス良く存在していることが健康には欠かせないのだ。
もちろん、悪玉菌が増えれば肌荒れや肩こり、便秘・下痢、頭痛など体のさまざまな場所に不調をきたすので、そうならないためにも乳酸菌を摂取することが必要不可欠となる。
しかし、口から摂取した乳酸菌は、腸管内で定着しづらいので、数日で便とともに排出されてしまう。
そのため、定期的に食品などで摂取し、腸内で善玉菌が多くいる環境にしておくことが健康のためにも望ましいとされている。
乳酸菌の菌体成分や発酵によりつくりだされるもの(代謝産物)は加熱殺菌しても効果は保たれるので、市販のヨーグルト等でも十分な効果が期待されるのだ。

以前の乳酸菌というのは胃酸に弱く腸に届く前に死滅してしまう種類が多かったのですが、各メーカーの開発によってhttp://www.izamania.net/yakult.htmlで紹介されているヤクルト菌などのような生きて腸に届く乳酸菌が多くなりました。
生きて腸に届く乳酸菌のメリットがこちらに詳しく解説されています。
http://mikeywelshblog.com/ikiteiru.htmlにもかいてあるように、死滅してしまった乳酸菌にも役割りがあるので無駄にはならないですが、乳酸菌本来のはたらきはなくなってしまうので胃酸に強く生きたまま届く種類の方が良いとされています。
また、最近ではEF乳酸菌が注目されつつあります。



Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.