発酵乳

乳酸菌と水分補給でウィルス対策を!

腸内環境改善に大きな効果があるとして知られている乳酸菌だが、その効果はそれだけにとどまらない。
特に近年見直されているのが、その免疫力向上効果だ。
特に冬場、乾燥してくる時期には乳酸菌と水分補給を心がけることで、ウィルス対策になる。

冬場にウィルス感染する事で有名なのが、インフルエンザウィルスである。
インフルエンザ対策としてはワクチン摂取が進められているが、これは100%の防御策という訳ではない。
インフルエンザウィルスは変異しやすいので、摂取したワクチンがその年流行しているウィルスと適合しない場合もあるためだ。

また、ワクチン摂取から体内で抗体が出来上がるまでに2~3週間ほどかかってしまうので、その間に感染・発症してしまう事もある。
ワクチン摂取を済ませたからと言って過信せずに、手洗い・うがいや水分補給、そして乳酸菌の摂取を積極的に行なう事が重要なのだ。
なぜ水分補給が大切になるのだろうか。

それは体の水分量が減少すると、繊毛の働きが低下してしまうためだ。
繊毛とは鼻や気道の粘膜表面を覆う細かな毛の事で、これが小刻みに動くことで粘液に流れを作り、ウィルスや雑菌をせきや痰として排出する。
そうしてインフルエンザなどのウィルスが体内に侵入する事を防ぐのである。

また新しく発見されたプラズマ乳酸菌もウィルスに対して有効ともいえる。
プラズマ乳酸菌は、プラズマサイトイド樹状細胞という免疫細胞の働きを高める働きがある。
それに加えて、細胞一つ一つの防御力を高め、ウィルスの増殖を抑える効果もあるのだ。

プラズマ乳酸菌の他にも、1073R-1乳酸菌、ラブレ菌、FK-23乳酸菌といった乳酸菌を摂取する事でナチュラルキラー細胞の働きが高まったり、感染後の重症化が抑えられることが確認されている。
ナチュラルキラー細胞とは、病原体の侵入があったときに、一番最初に働く免疫細胞のうちの一つの事だ。
このように、乳酸菌はウィルスに対しても有効なのだ。
乳酸菌が含まれている食品というとヨーグルトが一番有名ですが、他にも納豆や味噌などの和食でよく使う食品やキムチなどにも含まれています。

Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.