発酵乳

噂のトマト乳酸菌ってなに?

トマトから新しい乳酸菌が発見された。
その名も「トマトLP14乳酸菌」というものだ。
日清ヨークから業界で初めてトマト由来の乳酸菌を使用した飲料が発売された。

トマトLP14は、胃酸に対する耐性が非常に強く、生きたまま腸まで届くという特徴がある。
乳酸菌飲料に通常使用されることの多い動物性のものは胃酸で死滅してしまうことがほとんどだと言われている。
その点このトマトLP14乳酸菌であれば、胃酸の多い朝の空腹時にも十分な整腸効果を発揮する事ができる。

現代では食の欧米化が進み、日本人の腸内環境は荒れていると言われている。
食物繊維の豊富な野菜・海藻類の摂取量の減少、肉類・油っぽいものの摂取量の増加、ストレス、運動不足、とさまざまな要因がある。
また、食生活を意識しても、忙しい現代人は外食で済ませてしまうことも多いだろう。
これでは腸内の悪玉菌は増えるばかりだ。

腸内細菌のバランスを保つためには、バランスのいい食生活、適度な運動、規則正しい生活が不可欠といえる。
そうすることで偏った腸内がバランスよく、健康な状態に改善されていく。
それに加えてヨーグルトや、このトマト乳酸菌を摂取することによって更に腸内環境改善に有効に働くのだ。

日清ヨークから発売されたトマト乳酸菌飲料は、トマト以外にも31種類の野菜と2種類の果物が配合されているので、飲料としての側面と野菜ジュースのような側面を併せ持っている。
前述の通り、このトマト乳酸菌は胃酸に負けない強さを持っている。
その過酷な条件のもとで生き抜く力や、増殖する力が強いということは、それだけ発酵しやすいということでもある。

この強さが飲料に使用した場合にデメリットとなることもあった。
流通段階や家庭での保存時に乳酸菌による発酵が進みすぎてしまい、酸味が強くなり風味が落ちてしまうのだ。
研究によりこの発酵を抑制する技術を開発し、トマト乳酸菌飲料の発売に至ったという訳である。

Copyright© 2011 体に優しい栄養素 All Rights Reserved.